010

無料の介護アロマハンドトリートメント講座が開催

湘南国際アカデミー戸塚校で、ねんりんセミナーのひとつ、無料の「介護アロマハンドトリートメント講座」が開催されました。

講師は、当校の求職者支援訓練「アロマ・ハーブリラクゼーション科」の卒業生で、現在は当校講師の他、精神科のデイケアでもアロマを通して患者さんの社会復帰を支援する講座を担当されている、AEAJ* アロマテラピーインストラクターの須東敦子先生です。

*AEAJ(公益社団法人 日本アロマ環境協会)は、内閣府に公益認定された、アロマテラピー関連で唯一の公益法人。アロマテラピーを通じて人々の心身の健康に寄与することを目的に、アロマテラピーの普及・調査・研究などの活動を行っています。その一環として、アロマテラピー検定をはじめとした各種資格認定による、正しい知識と技能を持った人材育成に取り組んでいます。また、自然の香りある豊かな環境(アロマ環境)を未来につなぐため、環境カオリスタ検定や香育など、自然環境の保全・創造にむけた取り組みも推進しています。

001

介護とアロマの関係性を学びたい

「介護とアロマの関係性を学びたいけど難しそう・・・」

「さいきんの介護現場ではアロマが流行っているみたいだから取り入れてみたいけど方法が・・・」。

そんな方に、アロマについてやさしく学べ、体験していただいた内容が、ご家族や高齢者の方とのコミュニケーションに、楽しく役立てることができると人気の当講座。

今回も事前のご登録では、卒業生や在校生、更にはご家族の方と8名のお申込みでしたが、当日体調不良などでお休みの方が相次ぎ、ご参加者4名のちょっとコンパクトな講座となりました。

先ずは、本日使用する精油や植物油の説明から。

アロマテラピーは、植物由来の香りやさまざまな働きの力をかりて、心や身体のトラブルに穏やかに働きかけ、健康や美容に役立てていこうとする自然療法。でも、取り扱い方や使用方法を間違ってしまうと、体に悪影響を及ぼす可能性もあるため、じゅうぶんな注意が必要です。

皆さんとても真剣に須東先生のお話に耳を傾けていらっしゃいました。

 

011

手浴法(ハンドバス)

いよいよ実技です。

はじめに、手浴法(ハンドバス)を行っていただきました。

42度ぐらいのお湯に両手首を浸けることで上半身が温まるため、介護の現場では、「お風呂に入れないけれど、身体を温めたい」というような方に、簡単に出来て有効な方法とのことです。

今回はお湯に精油を入れて行うので、温浴効果だけではなく、香りによるリラックス効果なども実際に体験していただきました。

いくつかの精油からご自分のお好きな香りを選んでいただき、5分ぐらい温まっていただきました。
皆さん、「深呼吸しちゃう」「いい香り」「ねむくなっちゃう」と、短時間ながら良い香りに包まれてリラックスされたようでした。

009

約2時間の短時間講座なため、本日はアロマテラピーの「基本の基本」ではありますが、代表的な精油の種類や作用についても学んでいただきました。

皆さん、メモを取りながら、時折質問もされるなど、熱心に授業を受けられていました。

 

002

 

ハンドトリートメント

次に、お待ちかねのハンドトリートメントの体験です。

最初に先生のデモンストレーションをしてから、参加者さんどうし二人でペアになっていただき、お互いのトリートメントを行っていただきました。

「ゆったりしていただくのが目的なので、動作はゆっくり大きく」など、丁寧にクライアントに接するポイントをわかりやすく教えてもらうことができます。

また、クライアントが高齢な方の場合、特に注意しなければならないことなども具体的に教えてもらえるので、実際に現場でやってみたいと思われている方にはとても参考になったようです。

004

先生は繰り返し、「高齢者の方、じっくり触ってもらう、やさしく触ってもらう機会がなかなか無いと思うんです。やさしく触ってもらうことで、気持ちが穏やかになるんですよ、そこが重要なんです」と、仰っていました。

じっくり優しく、クライアントにリラックスしてもらうことを第一に施術する、まさに「介護アロマ」の大事なテーマがコレなんだ!と皆さんも大きく頷かれていました。

 

006

緊張の面持ちで、いよいよトリートメント開始。

最初こそ、おそるおそるなご様子でしたが、じょじょに「私の手が乾燥してるからオイルがどんどん浸透しちゃう!私の手が吸い取ってる~」、「あれ?手がひっくりかえっちゃった?」など時折笑い声も起きながら真剣かつ楽しく体験施術をされていました。

「ここはもうちょっと」というところは、先生がその場でフォロー。
「包み込むように」「ぐーーーっと」など、実際に自分の手で感じてもらうことで、自分のやり方との違いを実感され、「ほんとだー気持ちいい!」と、理解も深めていただけていたようです。

007

介護アロマはご利用者さんにどのような効果がある?

嗅神経によって、香りは直接脳へ届くため、適切な香りと効果的な刺激があれば、心身ともにリラックスさせることができたり、記憶をつかさどる海馬も活性化するのだそうです。認知症(特にアルツハイマー型)に対して、アロマテラピーの効果があるとの研究発表*もあり、認知症ケアにアロマをとりいれる介護施設も多くなっています。

*2014年 鳥取大学の浦上克哉先生が、アロマテラピーを用いた認知症の予防や症状改善の研究結果を発表。

また、ハンドトリートメントでは、直接触れ合うことでタッチセラピー効果もあります。昔から「手当て」と言われるように手をあてるだけで癒される不思議な力があります。手にはたくさんの神経があるため、触れ合うことで刺激を受け脳の活性化にもつながるのだそうです。

008

施術中、何度か登場する「手をサンドイッチ」・・・
まるで「私はあなたを大切に思っています」と伝えているかのようです。

*効果の事例

戸塚区内の特別養護老人ホームでは、3年程前からボランティアさんによる認知症の方へのハンドトリートメントや、お風呂あがりにアロマの香りを楽しんでもらうなど、アロマテラピーを積極的に取り入れています。アロマをやっていたから!とハッキリ効果が確認できるわけではありませんが、普段暴力的になってしまったり、落ち着かないことの多い方が、ハンドトリートメントの時にはほっと穏やかな笑顔を見せてくれるなど心地よさは感じていただけているようです。また、ご利用者さんだけではなく、フロアに漂う自然な香りに癒されるスタッフも多く、アロマをより身近に感じて活用されているようです。

000

あっという間に2時間の講座も終了。
「眠くなっちゃった」、「ほんと気持ちよかった」と皆さん満足そうなご様子でした。

誰かを癒すには先ずは自分が元気なことがいちばん!

今回の講座が、参加された皆さんにとって、少しでも癒しと新たな気づきにつながっていただけたのであれば、我々スタッフ一同も嬉しいかぎりです。

また、アンケートにも「とてもリラックスできて良かった、家族にもやってみたい」、「さっそくトリートメントの練習をします」、「2時間では足りないぐらい興味深かった」、「次回もリピートします」などご感想をいただきました。ねんりんセミナーは、何度でもご参加可能です。ぜひまたご利用ください。

☆☆☆☆☆☆☆

次回は2月9日(関内校)、2月19日(相模大野校)、3月2日(藤沢校)、3月30日(海老名校)で開催予定です。

☆☆☆☆☆☆☆

3Kなんてまっぴらごめん!介護の世界を3Hに。。。。湘南国際アカデミー

実務者研修はどこで受けても同じではありません。おもしろくてタメになる!湘南国際アカデミーの実務者研修は…

介護の仕事をしてみたい、家族のために介護を学びたい…湘南国際アカデミーの初任者研修で始めましょう!