介護入門研修

 

介護福祉士国家試験まであと、5日となりました!
試験に向けて、ラストスパートですね!寒い日が続きます。
体調を崩さないようにお気をつけ下さいね。

 

今のところ、1/28(日)神奈川県の天気は「雲時々晴れ」となっています。
最高気温9度、最低気温は0度です。
カイロやひざ掛け、あったかい飲み物を用意すると良いですね。

2018年1月18日、「全国厚生労働関係部局長会議」が行われました。

その中で、新たに創設される予定の、「介護に関する入門的研修」についての情報がありましたので、お伝えいたします。

福祉・人材確保対策で進められている3つの視点

 

「介護離職ゼロ」の実現に向け、介護サービスの基盤整備とともに、求められる介護サービスを提供するための人材確保として、2020年代初頭までに追加的に必要となる介護人材は25万人。
2025年には、約38万人の需要ギャップが生じると推計されています。
これまで、介護職員の処遇改善のほか、「離職した介護人材の呼び戻し」、「新規参入促進」、「離職防止・定着促進」の3つの視点で対策が進められてきました。
現在、景気が緩やかに回復していく中で、全産業の有効求人倍率がバブル期を超える高水準で推移しています。
全産業的に人手不足感が強まっていることから、介護分野での人材確保は一段と厳しくなると想定され、これまで以上に取り組みを強化していく必要があるとされています。

 

 

平成30年度予算案において、新たにメニューに位置付けられる事業

 
地域医療介護総合確保基金を活用した都道府県の取組が進められていますが、その中で、新たなメニューが創設されます。

 

☆介護に関する入門的研修の実施からマッチングまでの一体的支援事業
☆将来の介護サービスを支える若年世代の参入促進事業
☆介護福祉士国家資格の取得を目指す外国人留学生の受入環境整備事業
(・介護施設等による外国人留学生への奨学金等の支給に係る支援事業)
(・介護福祉士資格の取得を目指す外国人留学生と受入介護施設等とのマッチング支援事業)

 

この新たなメニューの中にある、“介護に関する入門的研修の実施からマッチングまでの一体的支援事業”とは、どうようなことなのでしょうか。
これは、介護未経験者の介護分野への参入のきっかけを作り、介護分野で働く際の不安を払拭するため、介護に関する入門的な知識・技術を習得するための研修を実施し、研修受講後の介護施設等とのマッチングまでの一体的な支援に必要な経費に対して助成する、というものです。入門的研修が新たにスタートするということは言われていましたが、それだけではなく、研修を受講した人がその後、介護職やボランティアとして従事するところまでを一体的に支援しようということです。

 

どのような人が研修の対象となる?

 

○子育てを終えた、子育てが一段落した主婦の方
○地域の中高年齢者の方
○退職前の方
○求職者

など

まとめ

 

介護入門研修についてはまだ詳細は不明ですが、研修を受けた人が介護職やボランティアとして介護に関わっていくきっかけになれば良いなと思います。

 

福祉・介護人材の確保については、今後の取組みとして、“さらなる処遇の改善”や、“介護の魅力の普及啓発”などもあげられています。
介護の仕事は3K(汚い・きつい・危険)というイメージを持っている人もまだまだいらっしゃると思います。
入門的研修やその他の取組みを通して、介護の魅力や、やりがいが多くの人に伝わり、介護を取り巻く世界が3Kから3H(Happy Heartfull High quarity)に変わっていくことを望みます。

 

入門的研修については、2月・3月には詳しいことが分かってくると思われます。
今後も、最新情報をいち早くお伝えしていきます。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

3Kなんてまっぴらごめん!介護の世界を3Hに。。。。湘南国際アカデミー

実務者研修はどこで受けても同じではありません。おもしろくてタメになる!湘南国際アカデミーの実務者研修は…

介護の仕事をしてみたい、家族のために介護を学びたい…湘南国際アカデミーの初任者研修で始めましょう!

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆