2018年11月29日(木)、湘南国際アカデミー藤沢校で開催する記念すべき第一回目の全身性障害者ガイドヘルパー養成研修が修了しました。

「現在のヘルパーの仕事の幅を広げていくために学びたくて」「高齢者施設で働いているけれど、障害者についても知っておきたいから」など、向上心に満ちた方々が受講されました。

身体に重い障害がある方が車いすで移動しています。障害者だから、車いすだから、という理由で社会参加や自己実現に制限がかかってしまう場合もあります。「差別」は受けないまでも、街の中にその人ひとりで出掛けていくには様々なハードルがあります。そのハードルを低くする、或はなくす存在がガイドヘルパーです。

この全身性障害者ガイドヘルパー養成研修では、障害者総合支援法の理念に基づき、障害者の地域生活の推進を担う「移動支援員」としての資格の取得の過程で、実際に障害のある方と共に街に出掛けていくための知識やスキルを身につけることができます。

ガイドヘルパーの仕事をする予定がない方でも、障害そのものについてや障害のある方の心理などを知ったり、外出先での介護技術を学ぶことは必要かつ素敵なことではないでしょうか。

第二回目の全身性障害者ガイドヘルパー養成研修は2月17日、24日、3月3日の日程で実施いたします。
これまでにホームヘルパー2級や介護職員初任者研修などを修了されていない方は3日間、修了されている方は2月24日と3月3日の2日間の受講となります。
短期間ですが、密度の濃い研修となるよう準備しています。ご興味のある方は、ぜひお問合せください。

Profile

この記事の監修

介護の資格

湘南国際アカデミー

湘南国際アカデミーは2011年3月9日(東日本大震災が起こる2日前)に、藤沢駅近くの昭和を感じさせるレトロな小さく古いビルの2階で、公共職業訓練校として30名の受講生を迎え、静かに産声を上げました。
今では卒業生が約16,000人以上となり、どこの介護現場においても湘南国際アカデミーの卒業生が活躍しています。
現在は神奈川県内に9校舎を構え、日本人だけではなく、外国人の方を含めた国際的な介護人材の教育に尽力しています。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

3Kなんてまっぴらごめん!介護の世界を3Hに。。。。湘南国際アカデミー

実務者研修はどこで受けても同じではありません。おもしろくてタメになる!湘南国際アカデミーの実務者研修は…

介護の仕事をしてみたい、家族のために介護を学びたい…湘南国際アカデミーの初任者研修で始めましょう!

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

全身性障害者ガイドヘルパー養成研修 重症訪問介護従業者養成研修