相模原市指定の認知症介護実践者研修が、湘南国際アカデミー相模大野校で本日開講しました。

受講生は介護経験10年以上の方、中には20年以上の方もいます。
ベテランの方々が揃い、それぞれに「ここで学んだことを職場に持ち帰りたい!」という意欲に燃えていました。

本日は、午前中と午後の前半(1~2時間目)の「認知症の人の理解と対応」「認知症ケアの倫理」を板澤先生がご担当、午後の後半(3時間目)の「認知症ケアの基本的理念と視点」を安部先生がご担当されました。

認知症の人の行動・心理症状(BPSD)を、かつては「問題行動」と呼んでいました。でも、当の認知症の方はそれを「問題行動」だとは思っていません。周囲が勝手に「問題」だと捉えていました。

徘徊とは、目的もなくうろうろ歩くことではありません。目的があって、それに向かう行動です。

妄想とは、出鱈目なことではなく、その言動の背景をしっかりと見ていってあげる必要があります。

板澤先生のこんなお話しに対し、受講生はみなさん、「その通り!」といった表情で頷いていました。

安部先生からは、1960年代の認知症ケアが当時の画像と共に紹介されました。とてもショッキングな内容でした。

ベッドに手足を縛られている利用者、廊下でオムツ交換をされている利用者、男女一緒の入浴・・・
「問題行動」を防ぐための拘束、人権を無視した対応、そんなことが当たり前に行なわれていた時代があったのです。

介護職員は、「認知症」と相対するのではなく、「認知症の人」と、「人として」関わっていくことが仕事であると再確認できました。

本研修で学ぶべきことが、はっきりと一直線に見通せた研修初日でした!

次回の体験レポートもお楽しみに!

☆★☆次回、認知症介護実践者研修の開講日程が決まりました!☆★☆
詳しくはコチラ→【認知症介護実践者研修】相模大野・戸塚・藤沢・海老名

第2日目の体験レポートは、こちらをご覧ください↓
【認知症介護実践者研修@相模大野校 第2日目】

Profile

この記事の監修

湘南国際アカデミー 教務部

雲野 淳一

所持資格:介護福祉士・社会福祉主事任用資格・サービス管理責任者(介護/就労)・相談支援従事者初任者研修・高校教諭1種免許国語科・中学校教諭1種免許国語科

担当講座:介護職員初任者研修実務者研修全身性障害者ガイドヘルパー養成研修重度訪問介護従業者養成研修外国人向け講座・etc.

 私立高校の国語教諭を経て、障がい福祉業界にて15年以上のキャリアを積む。生活介護、施設入所支援、居宅介護、就労継続・移行の各事業を経験し、総合的にサービス利用者の支援に従事した。
湘南国際アカデミーでは、介護職員初任者研修介護福祉士実務者研修を担当している。また、受講生の就労支援にも携わり、介護事業所と受講生との懸け橋となり、就労のミスマッチなどを防ぐための支援は、受講生や介護事業所からも高い評価を得ている。
その他に、国語教諭としての経験を活かして、近年増加傾向にある外国人労働者に対する講座「日本語でゆっくり学ぶ介護技術講座」なども手掛けている。