認知症介護実践者研修
湘南国際アカデミー相模大野校で行われている認知症介護実践者研修も、いよいよ5日目となりました。
本日が終わると4週間の「自施設実習」に入り、最終日の11月22日はその自施設実習の報告会となりますので、講師による講義は本日が最後となります。

最期の講義科目は「アセスメントとケアの実践の基本Ⅱ」山田先生のご担当です。事例に対しグループで情報を整理し、課題を抽出し、短期目標を設定、そして具体的な支援方法を作っていきます。

これまでの授業の総復習的な意味合いもあり、受講生の皆さんは前回、前々回の授業で教わった内容を振り返りながら真剣に取り組んでいました。

やはり大切なことは、認知症の人の言動のひとつひとつを「問題行動」と捉えず、その奥底にあるその人の「思い」や「願い」に気づこうとしていくことです。

「パーソン・センタード・ケア」の考え方を基本にし、「その人の認知症」をどうするか? ではなく、「認知症の人」とどう関わるか?という視点が重要であるということが、この認知症介護実践者研修での一貫したテーマでした。

認知症介護実践者研修

午後は「自施設実習」の課題設定を行ないました。「自施設実習」とは、自身が勤務している介護事業所において、そこを利用している利用者(認知症の人)の協力を得て、その人の暮らしや活動の中でより「その人らしく」いられるようにするために、受講生が勤務先の他スタッフ(ケアチーム)と協働して取り組むことです。

受講生それぞれが4週間をかけて何に取り組むのか?
皆さん懸命に計画書と格闘していました。コーディネーターの安部先生、溝越先生、山田先生に対し受講生は次々に質問し、時には「うーん、これじゃあ・・」と先生を悩ませ、時には「そうです! よくそこに気がつきましたね!」と称賛されていました。

4週間後、受講生の皆さんがどのような報告をしてくれるかが楽しみです。

認知症介護実践者研修は、課題を克服することが目標ではありません。4週間の取り組みの中で「何に気づけるか」が目標であり、課題なのです。
皆さん、ガンバって!

次回の体験レポートは、いよいよ最終日です! どんな報告会になるのか、お楽しみに!

☆★☆次回、認知症介護実践者研修の開講日程が決まりました!☆★☆
詳しくはコチラ→【認知症介護実践者研修】相模大野・戸塚・藤沢・海老名

第6日目(最終日)の体験レポートはただいま準備中です。
【認知症介護実践者研修@相模大野校 第6日目(最終日)】

Profile

この記事の監修

湘南国際アカデミー 教務部

雲野 淳一

所持資格:介護福祉士・社会福祉主事任用資格・サービス管理責任者(介護/就労)・相談支援従事者初任者研修・高校教諭1種免許国語科・中学校教諭1種免許国語科

担当講座:介護職員初任者研修実務者研修全身性障害者ガイドヘルパー養成研修重度訪問介護従業者養成研修外国人向け講座・etc.

 私立高校の国語教諭を経て、障がい福祉業界にて15年以上のキャリアを積む。生活介護、施設入所支援、居宅介護、就労継続・移行の各事業を経験し、総合的にサービス利用者の支援に従事した。
湘南国際アカデミーでは、介護職員初任者研修介護福祉士実務者研修を担当している。また、受講生の就労支援にも携わり、介護事業所と受講生との懸け橋となり、就労のミスマッチなどを防ぐための支援は、受講生や介護事業所からも高い評価を得ている。
その他に、国語教諭としての経験を活かして、近年増加傾向にある外国人労働者に対する講座「日本語でゆっくり学ぶ介護技術講座」なども手掛けている。