認知症介護実践者研修
相模原市指定の認知症介護実践者研修も、本日でとうとう最終日を迎えました。
4週間の自施設実習を終え、分厚い報告書を携えて受講生11名が集合しました♪

認知症介護実践者研修
グループ毎に自施設実習の報告会を行ないました。

「自立度の高い認知症の利用者に対し、これまで他の利用者を優先してしまって関わりをあまりもってこなかったことを反省し改善」「水分摂取制限のある認知症の利用者が納得できる適正水分の伝え方」「職員の対応の悪さによるBPSDの悪化」など、受講生がそれぞれ4週間、職場のケアチームで取り組んだことの経過と成果を発表しました。

「4週間の取り組みで、何が良くなったということではなくても、チームでひとつの課題に取り組むことによって得られたこと・・利用者をみる視点を決めてしっかりと観察する、目的・課題意識をもって接していくことができるようになったなどが大切です。」と安部先生はおっしゃいました。

「利用者が本当に望んでいることは何か?課題設定の時にあった思い込みが、4週間の関わりの中で変化した。利用者は物質的な充足感ではなく、心的な安心感が本当は欲しかった。
そういう気づきが受講生自身を変化させ、利用者を変え事業所を変えることになる。素晴らしい取り組みとなったのではないか。」と山田先生はおっしゃいました。

「4週間、職員が変わらなければ利用者は変われない、という取り組みの中でよく頑張りました。しかし、その4週間が終わり職員たちが解放されまた元に戻ってしまったら・・。
これからが本当の意味での取り組みになっていくのでしょう。」と溝越先生はおっしゃいました。

認知症介護実践者研修

結果ではなく経過、その経過をこれからも重ねていくこと。その中心を担うのが認知症介護実践者研修を修了した人の役割です。認知症の人がその人らしく、活き活きと毎日を暮らせるように、受講生(修了生)たちの今後の活躍に期待が高まります。

6日間のスクーリングと4週間の実習、お疲れ様でした。
ご指導くださった先生方、本当にありがとうございました!!

今後も湘南国際アカデミーは、認知症介護実践者研修をはじめ、神奈川県の介護の学校として社会に貢献できるように励んでまいります。

☆★☆次回、認知症介護実践者研修の開講日程が決まりました!☆★☆
詳しくはコチラ→【認知症介護実践者研修】相模大野・戸塚・藤沢・海老名

Profile

この記事の監修

湘南国際アカデミー 教務部

雲野 淳一

所持資格:介護福祉士・社会福祉主事任用資格・サービス管理責任者(介護/就労)・相談支援従事者初任者研修・高校教諭1種免許国語科・中学校教諭1種免許国語科

担当講座:介護職員初任者研修実務者研修全身性障害者ガイドヘルパー養成研修重度訪問介護従業者養成研修外国人向け講座・etc.

 私立高校の国語教諭を経て、障がい福祉業界にて15年以上のキャリアを積む。生活介護、施設入所支援、居宅介護、就労継続・移行の各事業を経験し、総合的にサービス利用者の支援に従事した。
湘南国際アカデミーでは、介護職員初任者研修介護福祉士実務者研修を担当している。また、受講生の就労支援にも携わり、介護事業所と受講生との懸け橋となり、就労のミスマッチなどを防ぐための支援は、受講生や介護事業所からも高い評価を得ている。
その他に、国語教諭としての経験を活かして、近年増加傾向にある外国人労働者に対する講座「日本語でゆっくり学ぶ介護技術講座」なども手掛けている。