MENU

介護福祉士の義務規定

介護福祉士の義務規定

介護福祉士は、住み慣れた地域で一人ひとりに合った介護サービスを提供することができるように、直接介護の専門職として働いてく必要があります。
そのために倫理綱領なども定められており、専門的知識や技術をもって最善の介護サービスを行うことが求められています。
それと同時に、介護福祉士として守るべき義務規定というものが存在しています。

1.第44条の2 誠実義務
2.第45条 信用失墜行為の禁止
3.第46条 秘密保持義務
4.第47条第2項 連携
5.第47条の2 資質向上の責務
6.第48条第2項 名称の使用制限

*社会福祉士及び介護福祉士法より

 

義務規定の詳細

1)第44条の2 誠実義務

誠実義務とは、利用者様や入居者様など担当することになる個人の尊厳を保持することを意味します。
そして、自立した日常生活を営んでいくことができるようにするため、利用者様・入居者様の立場に立ち、誠実に業務を行うこととしています。

2)第45条 信用失墜行為の禁止

「介護福祉士」という立場であることを自覚し、信用を傷つけるような行為をしてはならないとしています。

3)第46条 秘密保持義務

正当な理由がなく、介護福祉士の業務で知り得た情報や秘密を漏らしてはならないとしています。
介護福祉士ではなくなった後も同様、秘密保持義務が発生します。

4)第47条第2項 連携

業務を行う際に、認知症など心身の状況に応じた福祉サービスが提供されるようにすることが大切です。
そのために、福祉サービス関係者などと、連絡・連携を保ち維持していくこととしています。

5)第47条の2 資質向上の責務

介護福祉士の業務は、それらを取り巻く環境の変化などに適応していく必要があります。
そのため、相談援助や介護における知識・技術を向上させるべく努めることとしています。

6)第48条第2項 名称の使用制限

介護福祉士は業務独占ではなく名称独占の国家資格です。
そのため、介護福祉士の国家資格を取得していない方が、介護福祉士と名乗ることを禁止しています。
医師や弁護士などの場合には、名称独占ではなく業務独占となり、国家資格がなくては仕事をすることができません。

介護福祉士は常に勉強し続けることが大切

介護福祉士の国家資格を取得できたからといって、そこで勉強をやめてしまっては意味がありません。
利用者様・入居者様にさらなるより良いサービスを提供させていただくことができるようにするため、日々勉強を積み重ねていく必要があります。

質の高い介護技術と知識があるということを自覚し、その上で切磋琢磨していく必要がある職種だと言えます。

・介護福祉士国家試験合格率91.9%以上を誇る受験対策講座はコチラ・

【速報!!】
湘南国際アカデミーオリジナル教材で、介護福祉士国家試験受験対策の必須アイテムとなる「eラーニング 介護福祉士 受かるんです」をリリースします。

圧倒的な問題数と、介護福祉士国家試験合格率91.9%以上を誇る今までのノウハウを結集させた、湘南国際アカデミーオリジナルの介護福祉士国家試験受験対策のeラーニングの登場です。

今までは、東京・神奈川エリアの方しか受験対策講座に参加することが出来ず、全国から出張講座のお問合せなどを頂いておりましたが、日本全国どこでもいつでも介護福祉士受験対策が出来る環境をご用意いたしました。
是非、こちらをご覧ください。⇒「eラーニング 介護福祉士 受かるんです」

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

3Kなんてまっぴらごめん!介護の世界を3Hに。。。。湘南国際アカデミー

実務者研修はどこで受けても同じではありません。おもしろくてタメになる!湘南国際アカデミーの実務者研修は…

介護の仕事をしてみたい、家族のために介護を学びたい…湘南国際アカデミーの初任者研修で始めましょう!

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

お問合せはこちら TEL 0120-961-190 【営業時間】9:00~18:00

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 湘南国際アカデミー All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.