こんにちは!
湘南国際アカデミーで介護職員初任者実務者研修介護福祉士受験対策講座の講師及び総合サポートを担当している江島です。
第31回介護福祉士国家試験を受験された皆さま、本当にお疲れ様でした。
受験を終えた皆さまは、インターネット上の解説速報などで自己採点はされましたか?
まだ解答速報を確認されていない方は、ぜひ当校ホームページの「解答速報」及び、全科目ごとに分けてご案内する「第31回介護福祉士国家試験 解答・解説」でご確認ください。

本日は、【認知症の理解】から出題された問題の解答・解説を致します。

認知症の理解

問題77
 介護老人保健施設に入所した認知症高齢者が、夜中に荷物を持って部屋から出てきて、介護福祉職に、「出口はどこか」と聞いてきた。介護福祉職の対応に関する次の記述のうち、最も適切なものを1つ選びなさい。
1 「今日はここにお泊りになることなっています」と伝える。
2 「もうすぐご家族が迎えに来るので、お部屋で待っていましょう」と居室にさそう
3 「トイレですよね」と手を取って案内する。
4 「どちらに行きたいのですか」と声をかけて並んで歩く。
5 「部屋に戻って寝ましょう」と荷物を持って腕を取る。
解答:4
認知症ケアの基本として、行動を制限しないよう関わることが重要です。

問題78
 図は、2016年(平成28年)「国民生活基礎調査」(厚生労働省)を基に、介護保険制度における要介護者と要支援者の介護が必要となった主な原因の構成割合を作図したものである。

※引用:第31回介護福祉士国家試験問題より

AからEには、
・「関節疾患(joint disease)」
・「高齢による衰弱」
・「骨折(fracture)・転倒
・認知症(dementia)
・脳血管疾患(cerebrovascular disease)(脳卒中(stroke))
のいずれかが該当する。
「認知症(dementia)」に該当するものとして、正しいものを1つ選びなさい。
1 A
2 B
3 C
4 D
5 E
解答:3
2016年の「国民生活基礎調査」では、要介護者、総数ともに、介護が必要になった主な原因で最も多かったのは、認知症となっています。

問題79
 認知症(dementia)の人を支援する施策に関する次の記述のうち、適切なものを1つ選びなさい。
1 認知症サポーターは、認知症(dementia)に対する正しい知識と理解を持ち、認知症(dementia)の人を支援する。
2 介護保険制度では、認知症対応型生活介護(グループホーム)は、居宅サービスに位置づけられている。
3 認知症(dementia)と診断された39歳の人は、介護保険制度を利用できる。
4 介護保険制度では、認知症対応型通所介護は施設サービスに位置づけられている。
5 成年後見制度では、地域包括支援センターの社会福祉士が補助人、保佐人、成年後見人を選定する。
解答:1
認知症サポーターは、2020年度末までに1200万人を指標が変わりました。認知症サポーター講座の講師をキャラバンメイトと呼びます。

問題80
 加齢による物忘れと比べたときの、認知症(dementia)による物忘れの特徴として、最も適切なものを1つ選びなさい。
1 見当識障害はない。
2 物忘れの自覚はない。
3 物忘れが進行しない
4 日常生活に明らかな支障はない
5 体験の一部分だけを思い出せない
解答:2
加齢による物忘れと、認知症による物忘れ(記憶障害)の違いは、経験したこと自体を覚えているかどうかです。食事で何を食べたかを忘れることは、物忘れ、食事をしたこと自体を忘れてしまうことは、認知症による物忘れ(記憶障害)といえます。

問題81
 認知機能障害に関する次の記述のうち、正しいものを1つ選びなさい。
1 記憶障害では、初期に手続き記憶が障害される。
2 見当識障害では、人物の認識は障害されない。
3 失行では、洋服をうまく着られなくなる。
4 失認は、視覚や聴覚の障害が原因である。
5 実行機能の障害では、ADL(Activities of Daily Living:日常生活動作)は障害されない。
解答:3
洋服をうまく着られなくなるという失行は、「着衣失行」と呼ばれるものです。

問題82
 軽度認知障害(mild cognitive impairment)に関する次の記述のうち、最も適切なものを1つ選びなさい。
1 記憶力の低下の訴えがある。
2 日欧生活に支障がある。
3 認知症(dementia)の一種である。
4 CDR(Clinical Dementia Rating)のスコアが2である。
5 全般的な認知機能が低下している。
解答:1
MCIは認知症の手前の症状で記憶機能の低下など見られるものです。早期発見で、予防や認知症の発症を遅らせることができますが、症状が軽いため、見落としされることが多く、観察が必要です。

問題83
 抗認知症薬に関する次の記述のうち、正しいものを1つ選びなさい。
1 貼付剤はない。
2 非薬物療法との併用はしない。
3 段階的に投与量を減量していく。
4 副作用として悪心や下痢が生じることがある。
5 ADL(Activities of Daily Living:日常生活動作)が改善することはない。
解答:4
抗認知症薬には、アリセプト(ドネペジル)、メマリー(メマンチン)、レミニール(ガランタミン)、リバスタッチパッチ・イクセロンパッチなどがあります。副作用として、下痢などの他に興奮症状が出るケースも有ります。

問題84
 認知症(dementia)の原因となる疾患と、特徴的な行動・心理症状(BPCD)の組み合わせとして、適切なものを1つ選びなさい。
1 アルツハイマー型認知症(dementia of the Alzheimer’s type)―― 幻視
2 血管性認知症(vascular dementia) ――――――――――――― 抑うつ
3 レビー小体型認知症(dementia with Lewy bodies) ―――――― 人格変化
4 前頭側頭型認知症(frontotemporal dementia) ―――――――― もの取られ妄想
5 クロイツフェルト・ヤコブ病(Creutzfeldt-Jakob disease)――― 徘徊
解答:2
認知症の原因疾患と、特徴を問われる問題です。血管性認知症の特徴的な症状(傾向)として、抑うつの他に感情失禁などがあります。

問題85
 重度の認知症高齢者の胃ろう栄養法に関する支援として、最も適切なものを1つ選びなさい。
1 主治医が導入するかしないかを決定する。
2 家族が導入するかしないかを決定する。
3 本人の意向や価値観の把握に努め、本人にとっての最善を関係者で判断する。
4 成年後見人がいる場合、成年後見人が導入するかしないかを決定する。
5 看取り期には、介護福祉職の判断で胃ろう栄養法を中止する。
解答:3
本人がどうしたいのか?を最優先に考えて関わることが重要です。重度の認知症があっても、できる限り本人の意向や価値観に沿うことが求められます。

問題86
 認知症(dementia)の母親を献身的に介護している息子が、母親に怒鳴られてたたきそうになった。それを見ていた介護福祉職の息子への対応に関する次の記述のうち、最も適切なものを1つ選びなさい。
1 「孝行息子のあなたが手を上げるなんて…」と注意する。
2 「行政に通報します」と告げる。
3 「認知症(dementia)だから怒鳴るのは仕方がない」と慰める。
4 「地域にある認知症(dementia)の人との家族の会を紹介します」と伝える。
5 「懸命に介護をして疲れていませんか」と話を聴く。
解答:5
介護福祉職は利用者本人だけなく家族のレスパイトケアも考えることが必要です。また、バイステック7原則でいう非審判的態度でかかわります。

皆さん、いかがでしたでしょうか?
次回は、【障害の理解】から出題された問題を掲載いたします。

※引用:上記の各問題は、第31回介護福祉士国家試験問題より抜粋
※この解答・解説は湘南国際アカデミー独自の見解によるものですので、実際の正解とは異なる場合があります。
※この速報の内容は事前の予告なく、内容を修正する場合があります。
※自己採点結果による「合否判定」のお問い合わせはお受けできませんので、ご了承ください。
 

 
※第31回介護福祉士国家試験の各問題の解答・解説に関しては、以下の科目群をクリックすると科目ごとに、解答・解説をしております。ご興味のある方はご覧ください。

[1] 人間の尊厳と自立
[2] 人間関係とコミュニケーション

[3] 社会の理解
[4] 介護の基本
[5] コミュニケーション技術
[6] 生活支援技術
[7] 介護過程
[8] 発達と老化の理解
[9] 認知症の理解
[10] 障害の理解
[11] こころとからだのしくみ
[12] 医療的ケア
[13] 総合問題

Profile

この記事の監修

湘南国際アカデミー 総合支援部

江島 一孝

所持資格:介護福祉士・介護福祉士実習指導者・介護支援専門員・福祉用具専門相談員

担当講座:介護職員初任者研修実務者研修事業所内レベルアップ研修介護福祉士国家試験受験対策講座外国人向け講座・etc.

 元ユニットリーダー研修指導者。10年在籍した介護老人福祉施設の現場では、研修受け入れ担当者として、年間100名以上の研修生の指導にあたる。湘南国際アカデミーでは、介護職員初任者研修実務者研修介護福祉士国家試験受験対策講座の講師や介護福祉士受験対策テキストの執筆などを担当する傍ら、ケアする側もケアするという立場で、介護をする側のQOL向上のためのイベントや総合的なサポートを手掛けている。

 その他、介護事業所や医療機関などにおいて当校の「事業所内レベルアップ研修」の企画・提案・実施など各事業所用にカスタマイズする研修をプロデュースし、人材確保・育成・定着に向けた一連のプログラムを手掛けている。

 

☆☆☆☆☆☆☆
3Kなんてまっぴらごめん!介護の世界を3Hに。。。。湘南国際アカデミー

実務者研修はどこで受けても同じではありません。おもしろくてタメになる!その介護の根拠を学べるの湘南国際アカデミーの実務者研修は…

介護の仕事をしてみたい、家族のために介護を学びたい…湘南国際アカデミーの初任者研修で始めましょう!
☆☆☆☆☆☆☆
【速報!!】
湘南国際アカデミーオリジナル教材で、介護福祉士国家試験受験対策の必須アイテムとなる「eラーニング 介護福祉士 受かるんです」をリリースします。

圧倒的な問題数と、介護福祉士国家試験合格率91.9%以上を誇る今までのノウハウを結集させた、湘南国際アカデミーオリジナルの介護福祉士国家試験受験対策のeラーニングの登場です。

今までは、東京・神奈川エリアの方しか受験対策講座に参加することが出来ず、全国から出張講座のお問合せなどを頂いておりましたが、この度、日本全国どこでも、いつでも介護福祉士受験対策が出来る環境をご用意いたしました。
是非、こちらをご覧ください。⇒「eラーニング 介護福祉士 受かるんです」

・介護福祉士国家試験合格率91.9%以上を誇る受験対策講座はコチラ・