気になる申込期間や受験に間に合う実務者研修の修了期限

こんにちは! 湘南国際アカデミーです。

先日、第35回(2023年1月実施)介護福祉士国家試験の概要(予定)が試験センターウェブサイトに掲示されました。

受験を予定されている方が気になる、申込期間や受験に間に合う実務者研修の修了期限について、わかりやすくまとめましたので、是非参考にされてください♪


第35回 介護福祉士国家試験 概要(予定)

試験日

●筆記試験
2023年1月29日(日)

●実技試験
2023年3月5日(日)


受験申込書の提出期間

2022年8月10日(水)~ 9月9日(金)※消印有効
※受験申込みをするには、事前に『受験の手引』を取り寄せる必要があります。


合格発表

2023年3月24日(金)


『受験の手引』の取り寄せ方法

2020年度『受験の手引』
第33回介護福祉士国家試験『受験の手引』

受験申込みをするために必要な『受験の手引』の取り寄せ方法は2つあります。

①試験センターウェブサイトより取り寄せる方法
試験センターウェブサイトに開設される『受験の手引』請求窓口よりオンラインで請求手続きをすると、郵送で届きます。
請求窓口の開設は7月上旬の予定です。

②郵便はがきで取り寄せる方法
はがきの裏面に、あなたの郵便番号・住所・氏名・電話番号・必要人数(例:介護福祉士受験の手引き1人分)をはっきりと記入し、試験センターへ郵送します。
予備を請求することはできません。1人1部のみ請求可能です。
郵送はがきでの請求は、7月上旬からです。


過去に受験申込みをしたことがある方

過去の試験(第10回~第34回)の受験票を受け取った方で、証明書を提出し受験資格が確定している方は、インターネットから受験申込みが可能です。

この場合、『受験の手引』を請求する必要はありません。

湘南国際アカデミー介護福祉士受験対策講座


これから実務者研修を受講される方へ

第35回(2023年1月実施)介護福祉士国家試験を受験される方には、働きながら実務経験ルートで合格を目指す方が多いでしょう。

第35回試験を実務経験ルートで受験する場合、申込時点で実務者研修を2023年3月31日までに修了(見込も含む)している必要があります。


実務者研修を3月31日までに修了するためには
いつまでに受講スタート?

実務者研修は所持資格により、最大6カ月の在籍期間を満了する必要があります。授業と通信添削課題を終えても、最大6カ月経過するまでは修了することはできません。

つまり

最大の在籍期間が必要な方でも、遅くとも2022年10月開講の実務者研修を受講すれば間に合うということになります。

※ただし、受験の申込期間は2022年9月9日までなので、ご注意ください。
受験申込時に、実務者研修修了見込証明書を提出する必要があるため、受験申込時点で実務者研修の受講が確定しており、修了見込証明書を在籍スクール等で入手しておかなければなりません。


avatar
江島先生
【 講師からのアドバイス 】

ギリギリの受講ですと、実務者研修と受験勉強が同時進行となりますので、すでに受験することを決めている方は、早めに実務者研修をスタートさせましょう。

新年度の介護福祉士試験概要が出始める頃から、お問合せが増えます。また、実務者研修の各コースには定員がございます。

介護福祉士試験を受験予定の皆さまは、特にお早めにご希望のコースを押さえておくこと(申込)をおすすめします。


介護福祉士国家試験に関する質問は公式LINEで♪

介護福祉士国家試験の申込の手続きや、提出書類、勉強方法など、毎年多くの方からご質問・ご相談いただいております。

湘南国際アカデミーでは、受講生はもちろん一般の方からもLINEにてご質問・ご相談を受け付けておりますので、お気軽にメッセージをお送りくださいね♪
当アカデミー専任講師とサポートスタッフが返信いたします。

LINE登録

介護福祉士国家試験に関する詳細な情報は試験センターウェブサイトをご参照ください。
公益財団法人 社会福祉振興・試験センター