こんにちは!湘南国際アカデミーです。
2021年1月に行われた、第33回介護福祉士国家試験を受験された皆さん、お疲れ様でした!

3月26日に合格発表がありましたが、皆さん結果はいかがでしたでしょうか?合格された方、本当におめでとうございます♪
3月26日の合格発表では、今回の合格点と合格率の発表もありました!
第33回の合格点は75点で、合格率は71%でした。

残念ながら今回不合格となった方も、試験に向けて一生懸命勉強されたことでしょう。受験勉強の内容は介護の仕事でも大事な内容ばかりです。
皆さんが学んだ知識を実践で活かすために、是非復習をオススメします。
第33回介護福祉士国家試験の全問題+解答+解説リンクを、下部に掲載しておりますので、ご活用ください♪

例年であれば、国家試験後に解説会+お疲れ様会をエリア毎に開催し、介護福祉士を受験された生徒様と楽しく有意義な時間を過ごしていたのですが、今年は感染症予防の観点から泣く泣く開催を見送りました。
昨年の介護福祉士国家試験の解説会+お疲れさま会の様子を、アンケートとともにご紹介いたします。

2020年介護福祉士国家試験解説会+お疲れ様会

昨年の介護福祉士国家試験お疲れ様会では、講師の江島より試験問題の解説を行い、参加者からの質問に答えました。
「自己採点で何点あれば安心していい?」という質問がどの会場でも聞かれました。きっと皆さんも自己採点後、気になっていたのではないでしょうか?

介護福祉士国家試験の合格基準は、総得点の60%とされていますが、その年の試験難易度によって調整されるため、60%以上もしくは60%未満になることもあります。
よって、何点あれば確実というのは申し上げにくいのです。

参考として、過去の合格基準点と合格率を申し上げますと、以下の通りです。
・第33回介護福祉士国家試験の合格基準点は75点/125点(合格率71%)
・第32回介護福祉士国家試験の合格基準点は77点/125点 (合格率69.9%)
・第31回介護福祉士国家試験の合格基準点は72点/125点 (合格率73.7%)
・第30回介護福祉士国家試験の合格基準点は77点/125点 (合格率70.8%)

お疲れ様会参加者アンケートのご紹介

初任者研修について

すべてが初めての事で学ぶ事はたくさん有りましたが、楽しく身につける事ができました。

実務者研修について

「~させる」という言葉。何げなく使ってしまっているが、この授業では一切厳禁!!使えば言い直し・・・とキビしかったですが、そのおかげで介護職としてあるべき姿を思い返す機会となりました。また、授業は分かりやすく楽しく、毎回楽しみでした。田岡先生、ありがとうございました。

介護福祉士受験対策について(4日間対策・直前対策・eラーニング受かるんです・模擬試験・受験対策テキスト)

テキストだけでは本番に必要な問く力はつかなかったと思うので、eラーニング(※受かるんです)をやって本当によかったと思います。模擬問題や苦手なところを重点的にできて試験に役立ちました。問く力、読む力両方ついたと思うので、本番で焦らず余裕をもってできました。

模擬(※模擬試験)を受けたことで、自分の苦手なところが良くわかって、勉強のしかたを変えることができた。

進行は早いように思えましたが、忘れてしまっていた事、気づいていなかった事、再確認できました。(※4日間対策)

介護福祉士国家試験 解答&解説

各科目ごとの解説はこちら

  1. 人間の尊厳と自立 
  2. 人間関係とコミュニケーション 
  3. 社会の理解 
  4. 介護の基本 
  5. コミュニケーション技術 
  6. 生活支援技術 
  7. 介護過程 
  8. 発達と老化の理解 
  9. 認知症の理解 
  10. 障害の理解 
  11. こころとからだのしくみ 
  12. 医療的ケア 
  13. 総合問題 

結果通知の送付について

介護福祉士国家試験の結果通知は、3月26日(金)に発送されます。web上で合否結果を確認された方も、通信状況によって正確に表示されない可能性があるため、郵送される結果通知で必ず合否の確認を行いましょう。
また、4月5日(月)になっても、結果通知が届かない場合は、試験センターに電話で問い合わせてください。

【お問い合わせ先】
試験センター(電話)03-3486-7559

皆さん、仕事などで忙しい中、貴重な時間を割いて勉強されたと思います。せっかく学んだ知識を忘れてしまわないよう、当校ホームページの国家試験解答&解説を復習に7是非お役立てください♪

また、お仕事探しのお手伝いもさせていただきますので、今すぐお仕事をスタートされたい方、ゆっくり探されたい方からのお問い合わせをお待ちしております。