MENU

介護福祉士ができる医療行為

介護福祉士ができる医療行為

介護福祉士ができる医療行為

介護施設においては、体温測定や血圧測定、服薬介助、軟膏塗布、坐薬の挿入など、様々な介助を行うことになります。
今では介護福祉士が当たり前のように行える業務も、以前は医療行為として捉えられていたものがあり、介護職では行うことが出来なかったものもあります。

ここでは、今、介護福祉士が出来る医療行為にはどのようなものがあるのか、見ていきたいと思います。

 

介護職員が行える医療行為

まずは、介護福祉士に限らず、介護職員が行える医療行為とはみなされない行為から見ていきたいと思います。
以下の項目は、もともと医療行為とされていた部分もあり、介護職が行っても良いのかどうか疑問が残っていたのですが、医療行為ではないとされたため、介護職も自信をもって行えるようになりました。

・服薬介助(薬を飲んでいただく介助)
・軟膏塗布(床ずれの処置は除く)
・湿布を貼る
・目薬をさす
・坐薬を挿入する
・軽い切り傷や擦り傷の処置
・体温計での体温測定
・自動血圧測定器での血圧測定
・酸素濃度測定器の装着

そして、法律上は医療行為となっているものの、介護職が行える医療行為として、以下のようなものもあります。

・耳垢を取り除く
・爪切り、爪やすり
・歯ブラシ、綿棒による口腔ケア(歯・口腔粘膜・舌)
・ストーマのパウチに溜まった排泄物除去
・自己導尿補助、カテーテルの準備、体位保持
・市販の浣腸器による浣腸

介護福祉士が行える医療行為

では、介護福祉士が行える医療行為にはどのようなものがあるのでしょうか。
平成28年度の介護福祉士国家試験より、実務経験ルートで受験される方の場合、実務経験3年以上という受験資格に加えて、実務者研修の修了が義務づけられています。

この実務者研修では、医療的スキルを学ぶことが出来るため、以下のような医療行為を行えるようになります。
・喀痰吸引(定期的に、痰を取り除く)
・経管栄養(体外から管を通して栄養や水分を投与する)

実務者研修ではこれらの医療的スキルを身につけることが出来るようになっています。
これらは医療行為であるため、以前は施設内の看護師に依頼するしかなく、介護職としてはもどかしい思いをしたという方も多くおられます。
ただ、介護士の主な仕事は直接介護・介助になりますので、その点を忘れないようにしなくてはなりません。


・介護福祉士国家試験合格率91.9%以上を誇る受験対策講座はコチラ・

【速報!!】
湘南国際アカデミーオリジナル教材で、介護福祉士国家試験受験対策の必須アイテムとなる「eラーニング 介護福祉士 受かるんです」をリリースします。

圧倒的な問題数と、介護福祉士国家試験合格率91.9%以上を誇る今までのノウハウを結集させた、湘南国際アカデミーオリジナルの介護福祉士国家試験受験対策のeラーニングの登場です。

今までは、東京・神奈川エリアの方しか受験対策講座に参加することが出来ず、全国から出張講座のお問合せなどを頂いておりましたが、日本全国どこでも、いつでも介護福祉士受験対策が出来る環境をご用意いたしました。
是非、こちらをご覧ください。⇒「eラーニング 介護福祉士 受かるんです」

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

3Kなんてまっぴらごめん!介護の世界を3Hに。。。。湘南国際アカデミー

実務者研修はどこで受けても同じではありません。おもしろくてタメになる!湘南国際アカデミーの実務者研修は…

介護の仕事をしてみたい、家族のために介護を学びたい…湘南国際アカデミーの初任者研修で始めましょう!

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

お問合せはこちら TEL 0120-961-190 【営業時間】9:00~18:00

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 湘南国際アカデミー All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.