MENU

専門介護福祉士とは

専門介護福祉士とは、介護福祉士の国家資格を取得後に、さらなるキャリアアップ・スキルアップを目指したい方が取得できる資格の一つです。
介護福祉士のような国家資格ではなく、公益社団法人日本介護福祉士会が認定を行っている民間資格となっています。

1.運営管理領域研修
2.教育領域研修
3.実践分野別専門研修
というように、大きく分けて3つの分野に分かれており、研修を受講することによってそれぞれの専門性を高めていくことができるというものです。
一定の実務経験や研修を終えることなどが条件となり、実務経験と研修を繰り返して資格を取得していくというイメージのものです。
役割としては、実務を重視する介護福祉士というよりも、指導や管理などを担当するような介護福祉士として想定されています。

実践分野別専門研修で研修を受けた場合、認知症ケアの認定専門介護福祉士となることができます。
認知症ケアに携わりたいと考えている方には興味深いものかもしれません。


専門介護福祉士と介護福祉士の違いは?

介護福祉士と専門介護福祉士との大きな違いとしては、国家資格かそうではないか、という点がまず挙げられます。
介護福祉士の資格は厚生労働省による国家資格となっていますが、専門介護福祉士は国家資格ではなく、日本介護福祉士会が認定する民間資格なのです。
日本介護福祉士会は、現場で働いている介護福祉士が加入している民間の団体であり、加入していない介護福祉士も多く存在しています。
*ちなみに、認定介護福祉士は公的資格です。


専門介護福祉士の位置づけ

この専門介護福祉士は、位認定介護福祉士よりも上に位置づけされることが想定されています。
認定介護福祉士が経験10年程度の中堅層だとすると、管理層・指導層として11年以上になる方が、専門介護福祉士の位置となるようです。

また、介護福祉士は幅広く介護業務をこなすのに対し、専門介護福祉士は認知症や施設の運営管理といったように、それぞれの専門分野を高めていくことができる資格となっています。
専門介護福祉士は民間資格ということもあり、介護福祉士を取得した方は認定介護福祉士を目指すことが多くなることも予想されます。
どちらの資格もそれぞれの良さを活かせるような見直しと工夫が必要になっています。


・介護福祉士国家試験合格率90.9%以上を誇る受験対策講座はコチラ・

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

3Kなんてまっぴらごめん!介護の世界を3Hに。。。。湘南国際アカデミー

実務者研修はどこで受けても同じではありません。おもしろくてタメになる!湘南国際アカデミーの実務者研修は…

介護の仕事をしてみたい、家族のために介護を学びたい…湘南国際アカデミーの初任者研修で始めましょう!

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


お問合せはこちら TEL 0120-961-190 【営業時間】9:00~18:00

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 湘南国際アカデミー All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.